浦安市         タムス浦安病院の開設について②

市では、回復期機能を有した病院を誘致するため、回復期医療のリハビリや緩和ケアを中心とした医療を提供する医療法人社団城東桐和会を病院事業者として選定しましたが、平成31年4月より、高洲七丁目に新たな病院「タムス浦安病院」が開設されます。
臨床だけでなく、高次脳機能障がいや認知症における医療を行うほか、研究・教育の場として「千葉大学病院の浦安リハビリテーション教育センター」を併設し、安心・安全な医療と福祉を提供するとともに、地域と連携した病院を担っていきます。

名称

タムス浦安病院
注記:千葉大学病院の浦安リハビリテーション教育センターを併設します。

場所

浦安市高洲七丁目2番32号

院長

河野 陽一

開院日

2019年(平成31年)年4月1日

病床の内訳

回復期リハビリテーション病棟:134床
地域包括ケア病棟:45床
緩和ケア病棟:21床
合計:200床

診療内容

  1. 回復期リハビリテーション病棟
    脳血管障害や骨折の手術など、急性期での治療後、より良くより豊かな人生を過ごすために機能の回復や日常生活で必要な動作の改善を図り、寝たきり防止と社会や家庭への復帰を目的として、医師、看護師、その他の医療者が協働で集中的なリハビリテーションを行います。
  2. 地域包括ケア病棟
    入院中や在宅療養生活の中で、体力が低下して日常生活が困難になった場合や、在宅生活への不安が強い場合などの患者さまを受け入れ、心身がともに回復し安心して退院ができるよう準備を行い、社会復帰に向けて地域と連携して支援します。
  3. 緩和ケア病棟
    がんなどの悪性腫瘍で生命を脅かす問題に直面している患者さまやご家族に対し、痛みを含めた身体的問題や、心理的・社会的・スピリチュアル的な問題を早期に対応していくことで、その人らしい人生とQOLの改善に取り組む病棟です。
  4. 高次脳機能障がい
    相談窓口の開設を行うとともに、ドライビングシミュレータなどの訓練機器・評価機器を使って行う復職支援を含めた診療を行います。また、専門外来の設置を予定しています。
  5. 外来診療
    当面は患者さまの入院前後のサポートを中心とした外来を開設し、準備が整いしだい、ロボット、次期刺激装置などを活用した専門外来の開設を予定しています。

千葉大学医学部附属病院との連携

病院事業者が千葉大学医学部附属病院と連携し、先進医療の研究とその提供、情報発信や地域医療への還元、医療人材育成などを行っていただく予定です。

病院事業者

医療法人社団城東桐和会

交通アクセス

東京ベイシティ交通

  • 19系統で「浦安南高校特養ホーム」下車、徒歩約2分
  • 15系統・18系統・25系統・28系統で「高洲海浜公園」下車、徒歩約4分

おさんぽバス

  • じゅんかい線(いちょうルート・つつじルート)で「タムス浦安病院」下車

注記:病院敷地内「正面エントランス」に停車します。

問い合わせ先

タムス浦安病院
電話:047-312-6765