浦安市         東京ディズニーリゾート、4月4日から始まる「ディズニー・イースター」

2019年は東京ディズニーシーに新キャラクター「うさピヨ」登場



オリエンタルランドは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーで4月4日から6月2日までの60日間実施する春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」の内容を発表した。2つのパークで同時にイースターイベントを実施するのは2017年以来2年振りとなる。

 東京ディズニーランドは、いたずら好きで好奇心旺盛なキャラクター「うさたま」が2年振りに登場。一方、東京ディズニーシーではテーマを一新し、新キャラクター「うさピヨ」とともにヘンテコ楽しい「ディズニー・イースター」を届ける。

東京ディズニーランドの「ディズニー・イースター」

東京ディズニーランドでは、ウサギの耳が付いたタマゴのキャラクター「うさたま」と、ディズニーの仲間たちがドタバタ大脱走を繰り広げるパレード「うさたま大脱走!」を実施する。協賛はJAL(日本航空)。

 パレードは「うさたまチェイサー」に扮したディズニーの仲間たちが、巨大な掃除機や「うさたま」探知機などを使って、パーク中に逃げ出したうさたまを捕まえようと大奮闘するストーリー。パレード中は「うさたま大脱走!イースターのハプニングのはじまり」「ミッキーマウス率いる“うさたまチェイサー”たちが大活躍」「うさたまがイースターガーデンでかくれんぼ」など全7台のフロートが登場。公演は1日2回約45分で、約90名が出演する。

 また、期間中は「“ディズニー・イースター”うさたまを探せ!」も実施。無料で配布するマップに書かれた「うさたま」の目撃情報をヒントに、パークのあらゆるところに逃げ出した「うさたま」を探しながらゴールを目指す。ゴールにたどり着いたゲストには、プログラム達成の証として、オリジナルシールをプレゼントする。

 日中のメディテレーニアンハーバーでは、新キャラクター「うさピヨ」とともに繰り広げる新しいハーバーショー「Tip-Top イースター」を実施する。

 またパーク内には、ディズニーの仲間たちが「うさたま」との再会を喜ぶデコレーションなどが新たに設置されるほか、トゥーンタウンでは「うさたま」が生まれてくるイースターエッグメーカーのフォトロケーションを設置する。

東京ディズニーシーの「ディズニーイースター」

 内容は、ミッキーマウスたちが生まれたての「うさピヨ」とみんなで一緒に遊ぼうと、イースター・ファンフェアを開催。ダンスコンテストなど楽しい遊びでいっぱいのフェアを繰り広げる。ユニークなエンタテイナーたちもこのファンフェアを盛り上げようと次々に登場し、バラエティ豊かなパフォーマンスを披露する。

 港には、ミッキーマウスとディズニーの仲間たちが乗った5隻の船が登場するほか、約130人の出演者がショーを盛り上げる。公演は1日3回約25分行なわれる。

 そのほか、パーク内では「うさピヨ」と仲良くなることができるツールを無料配布する。

「ディズニー・イースター」のスぺシャルグッズ

 東京ディズニーランドでは、パレード「うさたま大脱走!」に登場する「うさたま」と「うさたまチェイサー」に扮したディズニーの仲間たちが描かれたグッズが登場。ストラップセット(1800円)やワイドバスタオル(3400円)、ファンキャップ(2500円)など約60種類を用意している。

浦安市舞浜1-1