人口減少 政令指定都市・静岡

全国20の政令指定都市の中でもっとも人口が少ない

人口減少問題は同市の最重要課題

静岡市は2003年(平成15年)4月清水市と合併し、2005年(平成17年)

4月に政令指定都市となった。人口は70万886人

総務省によると政令指定都市は人口100万人以上の都市が対象。

平成の大合併の際の合併支援プランに政令指定都市の要件緩和が

盛り込まれ人口70万人を最低ラインとして弾力的に指定することになる。

静岡のほか熊本、堺、新潟、浜松、岡山、相模原の7市が政令指定都市

となる。